ジャーナル

9月9日は“重陽の節句”/菊湯・菊酒・栗ごはん

9月9日は“重陽の節句”/菊湯・菊酒・栗ごはん

9月になりました。
日中暑さが残るものの、夜には鈴虫の鳴き声が聞こえ、秋らしい気配を肌で感じます。
そんな9月最初のジャーナルでは、“重陽(ちょうよう)の節句”についてご紹介します。
元々知っていたという方も、初めて知ったという方も、重陽の節句を楽しむきっかけになれば嬉しいです。HAAらしく、お風呂にまつわるお話も登場しますよ。

重陽(ちょうよう)の節句とは?

重陽の節句とは、日本にある5つの節句“五節句”のうちのひとつです。
5月5日“端午の節句”や、7月7日の“七夕”が有名ですが、その他にも、1月7日の“人日(じんじつ)”、3月3日の“上巳(じょうし)”、そして9月9日の“重陽”があります。
重陽の節句は、平安時代の初めに中国より伝わりました。
古来中国の陰陽思想では、奇数は縁起が良い「陽数」とされ、陽数の最大値である「9」が重なる9月9日はとてもおめでたい日だと考えられてきました。
「陽」が「重」なることから、重陽の節句と名付けられ、今日に至ります。
また、旧暦の9月9日はちょうど菊が見頃を迎える時期と重なることから、別名“菊の節句”とも呼ばれています。

秋を感じる、重陽の節句の楽しみ方

1.旬を味わう行事食
行事食とは、1年を通して自然の恵みに感謝し、伝統行事や祭りの際に食べる料理です。健康祈願の意味も含まれており、旬の食材が取り入れられています。

(別府・鉄輪温泉の地獄蒸しでつくった栗おこわ)

重陽の節句では、栗ごはんや茄子料理など、旬を迎える野菜をふんだんに使った料理でお祝いをします。
更に、菊の花びらを浮かべて楽しむ菊酒も欠かせません。昔は、蒸した菊の花びらを器に入れ、冷酒を注ぎ一晩置くことで香りを移して作っていたんだとか。
現代では、盃に冷酒を注ぎ、食用菊の花びらを散らして飲むのが一般的。菊酒には、長寿を願う意味も込められています。

2.菊の花びらを浮かべたお風呂“菊湯”

重陽の節句には、菊湯に浸かるという習慣もあります。
菊に含まれるカンフェンなどの精油成分が皮膚を刺激し血行を促進することで、老廃物の代謝を活発にし、保温効果も高まります。
夏から秋への移り変わりを肌で感じるようになる9月。昔から、その季節に併せて理にかなった習慣が生まれていたのですね。
ただ、菊は接触性皮膚炎を起こす可能性のある植物の一つです。
一般的に、加熱処理することで接触皮膚炎が起きなくなるそうですが、肌が弱い方や、小さなお子様がいるご家庭も多く、気になるという方も多いかと思います。
そこでHAAでは、小さな花瓶に菊の花を生け、お風呂の片隅に置いて眺めながらお風呂に浸かるスタイルの菊湯をおすすめします。

身体を芯から温めるバスタイムには、HAA for bathを是非お使いください。温泉のようにとろりとした湯ざわりで、夏の疲れを和らげ、冷えがちな身体をじんわり温めてくれますよ。

重陽の節句で、日本の季節を感じるHAA時間を

今回は、重陽の節句についてご紹介しました。
暦の上での行事に目を向けると、季節の移ろいがより鮮やかに感じられ、豊かな時間へと自分を導くことができます。
是非今年の9月9日はゆっくりお風呂に浸かって、みなさん「は~」とひと息ついてくださいね。

ジャーナルでは様々なHAA時間を発信しています。是非ご覧下さい。

佐藤ちえみ
佐藤ちえみ
京都在住。HAAのジャーナルの企画・執筆を担当しています。好きなHAA時間は、京都散策と日帰り温泉巡りです。
https://www.instagram.com/sato_kyoto/

Special Edition

あなたと
あなたの大切なひとに。

約10回分の「HAA for bath」がセットになった“ことばに包まれた入浴剤”。 自身や、あなたの大切な人へ深呼吸する時間を贈りませんか?

HAA for bath 日々

60g×10袋¥5,280 税込

湯治を日常に取り入れる、商品ラインナップ

HAA for bath 日々
通常価格
¥5,280から
販売価格
¥5,280から
通常価格
¥5,280
セール 売り切れ
HAA for bath 小箱
通常価格
¥1,540
販売価格
¥1,540
通常価格
¥1,540
セール 売り切れ
HAA for bath お試しセット
通常価格
¥1,290
販売価格
¥1,290
通常価格
¥1,290
セール 売り切れ
HAA for bath 900g
通常価格
¥4,950から
販売価格
¥4,950から
通常価格
¥4,950
セール 売り切れ